ここから本文です

東日本大震災 8年半の祈り

9/12(木) 6:08配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 東日本大震災の発生から8年半を迎えた11日、被災地の寺などでは遺族らが亡くなった人たちを偲び、祈りをささげました。

 震災の津波でおよそ750人が犠牲になった宮城県名取市閖上地区。富田友通さん(79)は8年半前のあの日、妻・昭子さんを亡くしました。

 「きのうのような感じはする。一緒に逃げたけど、手がちょっと離れて(津波に)持っていかれた」(妻を亡くした 富田友通さん)

 震災当時、昭子さんと営んでいた鮮魚店は自宅とともに流されました。内陸に移り住んだ富田さんは、一枚だけ残った昭子さんの写真に、毎日、手を合わせています。

 「私のできることは、月命日に女房の好きなユリとカーネーションを毎月供えること」(妻を亡くした 富田友通さん)

 警察庁のまとめによりますと、東日本大震災では全国で1万5898人が亡くなり、2531人が行方不明となっています。(12日04:33)

最終更新:9/12(木) 13:34
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事