ここから本文です

栃木・宇都宮のスーパー集団感染、市で初のクラスター確認

5/21(木) 21:34配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 栃木県宇都宮市で、同じスーパーに勤務する従業員など6人が、21日までに新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。市は初のクラスターと認定し、感染の広がりなどを詳しく調べています。

 栃木県宇都宮市によりますと、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、いずれも宇都宮市在住の60代の女性と50代の女性です。50代の女性は、これまでに従業員など4人の感染が確認されているスーパー「ヨークベニマル戸祭店」に勤務していて、60代の女性は、19日に感染が確認された40代の女性従業員の母親だということです。

 このスーパーに関連する感染者はあわせて6人となり、市は初めてのクラスターだと認定したうえで、感染の広がりなどを詳しく調べるとしています。

 栃木県では、先週から緊急事態宣言が解除されていて、段階的に措置を緩和しています。(21日18:57)

最終更新:5/21(木) 21:34
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事