ここから本文です

(c) Nippon News Network(NNN)

中国「メディアがドローン飛ばして撮影」

日本テレビ系(NNN) 5/19(金) 23:15配信

 沖縄県の尖閣諸島周辺の上空でドローンが確認され、緊急発進した自衛隊機が中国公船に警告した問題で、中国外務省は、「メディアがドローンを飛ばして撮影していた」と主張した。

 沖縄県の尖閣諸島周辺の上空で18日、小型無人機ドローンが確認され、F15戦闘機など自衛隊機4機が緊急発進。中国公船に対し、ドローンが領空侵犯したとして無線で警告した。

 このドローンについて、中国外務省の華春瑩報道官は19日の定例会見で、「中国海警局ではなく、メディアがドローンを使って空から撮影した。軍事活動ではない」と主張した。

 ただ、どこの社のメディアが飛ばしたのかは明らかにしなかった。

 また報道官は、尖閣諸島について、「中国固有の領土であり、日本の抗議は当然のことながら受け入れられない」と反論した。

最終更新:5/19(金) 23:55

日テレNEWS24