ここから本文です

山梨市長の辞職を決定 市議会、全会一致で

8/13(日) 19:05配信

日テレNEWS24

(c) Nippon News Network(NNN)

 職員採用試験の結果を改ざんしたとして山梨市の望月清賢市長が逮捕された事件で、市議会の臨時会が開かれ、市長の辞職が決定した。

 山梨市長の望月清賢容疑者(70)は、昨年度の市の職員採用試験で特定の受験者の点数を水増しして虚偽の内容の文書を作成するなどした疑いで逮捕・送検され、12日に代理人を通じて辞表を提出した。

 これを受けて13日、市議会の臨時会が開かれ、職員が「市政の混乱はすべて私1人の責任である」などと望月市長の辞表を朗読した。その後の採決では全会一致で辞職に同意し、望月市長の13日付での辞職が決まった。

 山梨市議会・小野鈴枝議長「もう少し早く関与を認めて、このような騒ぎにならないでいてほしかった。クリーンで(悪いイメージを)払拭してもらえるような市長の登場を待ちたい」

 辞職決定を受けた出直し市長選は13日から50日以内に行われることになり、市の選挙管理委員会は14日に日程を決定する。