ここから本文です

世帯総数推計 2023年をピークに減少へ

1/13(土) 1:37配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

日本の世帯総数の推計は2023年の5419万世帯をピークに、その後は減少に転じ、2040年には5076万世帯まで減ることが国の研究機関の調べで分かった。

一方、高齢者の独居率は大きく上昇し、65歳以上の独り暮らしの男性は2015年の14%から、2040年には20.8%まで増加する。