ここから本文です

日本海側で断続的に雪に 局地的大雪に警戒

1/13(土) 11:37配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

上空に居座る強い寒気の影響で、日本海側ではこのあと14日朝にかけても断続的に雪が降る見込みで、局地的な大雪に警戒が必要。

日本海側は北陸を中心に多い所でこの24時間に30センチほど雪が積もり、午前11時の積雪は福井で68センチなど平地でも大雪となっている。このあとも日本海側では雪が続き、14日朝にかけて北陸を中心に雪が強まるおそれがある。

予想される雪の量は北陸の多い所で60センチとなっている。引き続き、大雪や路面の凍結による交通障害、なだれや落雪などに警戒や注意が必要。