ここから本文です

<気象庁最新>夕方から大雪…早めの帰宅を

1/22(月) 10:24配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

関東甲信や東北地方の太平洋側では、東京都心も含め、22日夕方から大雪になり、気象庁は首都圏を中心に交通機関が乱れる恐れがあるとして、早めの帰宅を呼びかけている。

気象庁の松本主任予報官は取材に対し、首都圏を含む西日本から東北地方では大雪による交通障害の恐れがあると説明している。首都圏では、夕方から夜にかけてが雪のピークとなる見込みで、気象庁は鉄道などの運行状況に影響が出る恐れがあるとして、早めの帰宅を呼びかけている。

また気象庁は、気温が当初の予測より低くなっているとして、東京23区の降雪量を5センチから10センチに引き上げた。