ここから本文です

53年ぶり 都心で2日連続-3℃下回る

1/26(金) 12:58配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

今季最強寒波の影響が26日も続いている。東京都心では26日朝も記録的な冷え込みとなり、日本海側は大雪に見舞われている。

日本列島に強い寒気が居座り、26日朝も強い冷え込みとなった。25日に氷点下4℃を記録した東京都心では、26日朝の最低気温が氷点下3.1℃と、実に53年ぶりに2日続けて氷点下3℃以下になった。さらに、さいたまでは氷点下9.8℃まで下がり、1977年の観測開始以来、最も低い気温を記録している。

また、日本海側では広い範囲で、まとまった雪が降っている。特に北陸の山沿いで雪の量が多くなっていて、新潟県津南では24時間で50センチを超える雪が降った。

このあとも日本海側は断続的に雪が降り、27日朝までの予想降雪量は、多い所で、北陸で60センチとなっている。大雪や路面凍結による交通障害、なだれに注意が必要。
あなたにおすすめの記事