ここから本文です

クサすぎると気絶!におい判別ロボット誕生

2/5(月) 14:05配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

福岡県北九州市のベンチャー企業が、変わったロボットを開発した。その特徴は「楽しくにおいのエチケット」。一体どんなロボットなのか?

足のにおいをかぎ分ける犬型ロボット“はなちゃん”の特技は、においの計測。仕事から帰ってすぐの足をかいでもらうと、倒れてしまった。これは、においが最強クラスの反応を示している。

はなちゃんは、3つの動作でにおいを表現する。良いにおいには喜び、臭いにおいにはほえる。そして、2日間はいた靴下のにおいには気絶してしまう。鼻の先にはセンサーが取り付けてあり、においを数値化してプログラムによって判別している。

はなちゃんを開発したのは、北九州市のベンチャー企業だ。開発したきっかけは、娘から「足が臭い」と言われ悩んでいたお父さんからの相談だった。

「数値としてにおいが見えてしまうのは悲しいから、面白くかわいく伝えてくれるロボットがほしい」

そんな要望に応え、去年12月に販売を開始したところ、これまでに20台の注文があった。

そして迎えた戌年、更なる進化を目指している。臭いと判断すると、片足をあげてマーキングするように消臭剤をふりかけてくれる。この新型はなちゃんは、今年中の発売を目指し、開発が進められている。

口のにおいを教えてくれるロボットもある。“口臭測定女子・かおりちゃん”の口元に息を吹き込むと、合格・不合格・やばい・測定不能と、鐘と声で教えてくれる。合格だと、「甘酸っぱいいい香り。全く問題ないわ」と話してくれる。


【the SOCIAL viewより】