ここから本文です

外国人観光客に人気、カプセルホテル進化中

2/14(水) 15:31配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

去年7月にオープンした東京・千代田区の女性専用のカプセルホテル「ナインアワーズウーマン神田」。SF映画に出てくるようなカプセルがズラリと並ぶ空間。そこには窮屈さを感じさせないスペースがありました。またアメニティーも女性目線。メーク落としや化粧水などのセットを提供しています。

去年10月にオープンしたカプセルホテル「GLANSIT秋葉原」。コンセプトは話題のグランピング。ホテル内は自然の中で過ごすぜいたくなキャンプをイメージ、各フロアは男女別に分かれていて、ジェットバスがついた大浴場のほか、女性専用のエリアにはパウダールームも設置されています。

今までの男性向けの無機質な内装と比べスタイリッシュな印象。外国人観光客が増える古都・京都でもカプセルホテルの開業が相次いでいます。去年2月にオープンした「THE PRIME POD京都」は、京都の伝統的な和のイメージが各所に演出されています。

カプセル番号を示すのは「行灯(あんどん)」です。ベッドの長さは2メートル。体の大きな外国人にも対応できるスペースで、ビジネス客に対応したデスクが付いた個室もあります。窓がある部屋からは京都の街を一望することができます。宿泊より体験に予算をさく外国人観光客に人気で、その割合は4割以上を占めているということです。

【the SOCIAL viewより】
あなたにおすすめの記事