ここから本文です

山本美香さん姪 文部科学大臣賞を受賞

2/14(水) 21:26配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

2012年にシリアで取材中に銃撃され死亡したジャーナリスト、山本美香さんの姪(めい)の高校生が「命の大切さ」をテーマにした作文コンクールで文部科学大臣賞を受賞した。

命の大切さをテーマにした作文コンクールで文部科学大臣賞を受賞したのは山本美香さんの姪で山梨県立都留高校3年の山本悠希さん。

山本さんは14日、山梨県の県警本部を訪れ、受賞を報告した。「今を生きる」と題した作文で山本さんは、世界各地の戦場で女性や子どもなどを取材した伯母の山本美香さんを突然失った当時の思いに触れ、今を生き抜くことの大切さを訴えた。

山本悠希さん「伯母の仕事を通して、世界中で大変な思いをしている子どもたちが多くいることを知ったので、苦しんでいる人の命を、手助けしたいという思いで看護師になろうと思いました。1人でも多くの人が私の作文を読むことによって、命の大切さについて改めて考え直すきっかけになってほしい」

春から大学に進学する山本さんは、将来について「人の助けになる看護師を目指したい」と話している。
あなたにおすすめの記事