ここから本文です

麻生財務相“音声は次官の声”セクハラ問題

4/17(火) 12:18配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

財務省の福田事務次官が女性記者にセクハラ発言をしたとの週刊誌報道を受け、麻生財務相が会見で、個人的な見解として音声は次官の声だとの認識を示した。

麻生財務相が次官の声との認識を示したにもかかわらず、次官本人は音声が自分のものかわからないといっていることに対して、財務省内では「往生際が悪い」と冷ややかな声も上がっている。

麻生財務相「俺が聞いた感じでは福田じゃない?という感じがしました、俺はね」

財務省側も、音声について麻生財務相は次官の声との認識を示したとしている。ただ当の福田次官は、17日朝も記者団の質問に沈黙したままだった。

「Q.ご自身の説明が曖昧なまま、女性に求めるのはアンフェアでは?」

「Q.自分の声はわからないのでしょうか?」

福田事務次官「…」

音声が自分の声かどうかすら明らかにしない次官の対応について、省内からは「昨日のコメントは単なる時間かせぎにすぎない」「森友問題の処分が出るまで辞めないつもりだろう」「こんなことでは財務省が次官と共倒れになる」など落胆の声が上がっている。

一方、財務省は被害女性に調査への協力を呼びかけているが、17日の会見では、記者から協力がなくても調査できるはずだと疑問の声が上がった。

「Q.女性が名乗り出なければ、事実の認定はしないということか?」

麻生財務相「だって、一方的な訴えをどうしろと?取り扱いのしようがないじゃない」

省内でも「次官への調査を尽くす前に、被害女性に名乗り出ろというのは横暴だ」との声が上がっている。

一連の対応で、財務省の信頼回復はさらに遠のいたといわざるを得ない。