ここから本文です

日本のオジサンはなぜ“孤独”なのか?

5/3(木) 21:56配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

ニュースのポイントをコンパクトにまとめた「深層NEWS ここにフォーカス」。今回は世界一、人との交流が少ないとされる、日本のオジサン世代の男性が、なぜ“孤独”になってしまうのかということについて。

コミュニケーション研究家・岡本純子氏「孤独の背景として、中高年の男性を取り巻く環境としては3つあって、1つは日本社会の問題、2つめは日本の会社としての問題、3つめは日本的な価値観の問題」

「1つめの日本社会の問題というのは、日本では過疎化であるとか、都市化であるとかが進んで、『無縁社会』と言われるようになってきている。その中で地縁・血縁というものがなくなってきている。自分の“受け皿”となってくる、例えば会社とか家庭以外の受け皿がどんどんなくなってきていると思う」

「2つめの、日本の会社の問題というのは、日本というのは特殊で、一生同じ会社勤めの終身雇用で、年功序列という特殊な制度がある。その中でどんどんどんどん、男性は出世していく。係長、課長、部長と。その中でプライドを積み上げていって、どちらかが上でどちらかが下というコミュニケーションに慣れてしまうということがある。すると社会に出て、肩書とか名刺のないコミュニケーションがなかなかしづらいのではないかというところがあると思う」

「(3つめの)価値観というのは、日本のサムライ文化的な『男なら1人で大丈夫だろう。がまんしろ』というような『男らしくあれ』というようなところがあると思う。孤独を非常に美化する文化があるのではないかな。『孤高』とかロマン視するような傾向があるように思う」