ここから本文です

天皇・皇后両陛下 横山大観の特別展を鑑賞

2018/5/13(日) 23:47配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

明治から昭和にかけて多くの作品を残し、日本画の新たな時代を切り開いた画家・横山大観の特別展を、天皇・皇后両陛下がご覧になった。

天皇・皇后両陛下は13日午前10時ごろ、東京・千代田区にある東京国立近代美術館を訪問された。

今年で生誕150年を迎えた画家・横山大観は、約100年ぶりに発見された輪郭線を用いない独特の技法で描かれた「白衣観音」など、多くの作品を残した近代日本を代表する巨匠。

両陛下は、ナイアガラの滝と万里の長城を描いた金びょうぶなど、多くの作品を楽しまれた。

天皇陛下は、横山大観が絹に木炭で絵を描くなど、さまざまな技法にも挑戦していたという説明を受けると、「いろいろな試みを当時はしたんでしょうね」と感心された様子だった。

最終更新:2018/5/14(月) 0:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事