ここから本文です

トランプ大統領、北朝鮮の出方見極める考え

5/17(木) 6:29配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

北朝鮮が、非核化をめぐるアメリカ側の姿勢を非難し、首脳会談の取りやめをチラつかせたことに対し、トランプ大統領は16日、「様子を見ていかなければならない」と述べ、北朝鮮の出方を見極める考えを示した。

北朝鮮の金桂官第1外務次官は16日、アメリカ側の非核化の姿勢をめぐり、ボルトン大統領補佐官を名指しして非難する談話を発表。「一方的な核放棄を強要するなら、首脳会談に応じるか再考せざるを得ない」とし、来月の米朝首脳会談を取りやめる可能性をチラつかせた。

これを受け、トランプ大統領は16日、今後の北朝鮮の出方を見極める考えを示した。

トランプ大統領「様子を見ていかなければならない。何も決めていない。(北朝鮮からは)一切通知を受けていない」

また、トランプ大統領は、引き続き北朝鮮の非核化を目指す考えを示した。

一方、北朝鮮に名指しで非難されたボルトン補佐官も、「完全な非核化という目的から後退することはない」と強調、「米朝首脳会談は行われるだろう」との見通しを示した。