ここから本文です

非核化巡り 中国が“北擁護”の姿勢強める

5/17(木) 22:30配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

北朝鮮の非核化の手法をめぐり米朝の対立が表面化するなか、北朝鮮の後ろ盾となっている中国は、北朝鮮を擁護する姿勢を強めている。

北朝鮮の非核化をめぐっては、アメリカのボルトン大統領補佐官が「見返りの前に先に非核化を進めるべきだ」と主張していることに北朝鮮が反発。首脳会談の取りやめを示唆するなど両国間の溝が浮き彫りになっている。こうしたなか、中国は北朝鮮擁護の姿勢を強めている。

中国外務省・陸慷報道官「中国が『リビア方式』に(=制裁解除前に非核化を進める)賛成だという話をあなたたちは聞いたことがないはずだ」

中国外務省の報道官はこう述べ、ボルトン補佐官が主張する「リビア方式」と言われる非核化に賛成しない立場を示した。

さらに「北朝鮮は核実験場の廃棄を表明し誠意を表している」とした上で、「もう一方が強硬な行動をとり続けることがあってはならない」と述べ、アメリカをけん制した。