ここから本文です

AIスピーカーを使った新感覚カードゲーム

5/23(水) 15:37配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

スマートスピーカーを使った新感覚のカードゲームが話題だ。どのように遊ぶのだろうか。

大人たちが熱狂するのはスマートスピーカーの裏をかくゲーム。これはスマートピーカーで遊ぶ新感覚カードゲーム「AIQue(あいきゅー)」。約50枚の山札の中からカードを引き、書かれた言葉をスマートスピーカーに言わせられるかを競う。

例えば「系」とスマートスピーカーに言わせるには…

質問「冥王星とは?」

スマートスピーカーの答え「ウィキペディアでは冥王星は太陽系…」

お題の言葉を返答すればカードをゲット。多くカードを集めた人が勝利する。

例えば「雨」。

質問「ハノイの天気は?」

スマートスピーカーの答え「ハノイは気温32度。おおむね、晴れています」

これは失敗だ。

質問「ウガンダの天気は?」

スマートスピーカーの答え「カンパラは現在24度。弱いにわか雨」

言葉を引き出す質問は一つではないので、思考力、想像力が問われる。ゲーム開発のきっかけは、人とテクノロジーの関係性にあった。

カードゲームを開発したメディアアーティストの水落大さん「テクノロジーがどんどん進化すると、人間は何もしなくても済むだろうという不安感があり、どうやったら人と機械が一緒に歩んでいけるのか、そのコミュニケーションを考えたのが開発のきっかけです」

聞けば何でも答えてくれる検索技術に対する問題意識を機械への質問を考えるというカードゲームで表現した“AIQue”。現在、お題を増やしたバージョンアップ版を開発中だ。

【the SOCIAL futureより】