ここから本文です

“働き方”法案 野党側が不信任決議案提出

5/25(金) 15:39配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

国会では、働き方改革関連法案を巡る与野党の攻防が、大きな山場を迎えている。野党側は法案の委員会採決を阻止するため、加藤厚生労働相の不信任決議案を提出した。

立憲民主党・西村智奈美議員「何がしかの意図をもって作成しなければ、こんなウソっぱちの数字が出てくるわけはないんです。単なる役所内部の担当者の責任論で終わってはなりません。トカゲの尻尾切りで終わってはならない」

衆議院本会議では、この後不信任決議案に対する賛成・反対討論を行った後、採決に移る。与党側は、そこで不信任決議案を否決した上で、働き方改革関連法案を25日中に委員会で採決する考え。

これに対して野党側は「法案が成立すれば過労死を増やす。絶対に通させない」などと徹底抗戦の構え。

安倍政権が最重要法案と位置づける働き方改革関連法案をめぐる与野党の攻防は、最大の山場を迎えている。
あなたにおすすめの記事