ここから本文です

火事で焼け跡から2人の遺体 広島・三原市

6/14(木) 1:38配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

13日夕方、広島県三原市の住宅で火事があり、焼け跡から子どもを含めた2人の遺体が見つかった。

火事があったのは広島県三原市久井町の奥陽祐さん(36)の住宅。

13日午後4時10分頃、近所の人から「建物に黒い煙が充満している」と消防に通報があった。

火はおよそ30分後に消し止められたが、木造平屋建ての住宅の一部を焼き、焼け跡から2人の遺体がうつぶせの状態で見つかった。この家に住む、奥さんの35歳の妻と11か月の長男と連絡がとれなくなっているという。

警察と消防は、遺体がこの2人とみて身元の特定を急ぐとともに、2人の死因や出火原因を調べている。