ここから本文です

写真整理のコツは「自然消滅」させる勇気

2018/6/26(火) 15:35配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

世の中で議論を呼んでいる話題について、ゲストに意見を聞く「opinions」。今回の話題は「撮った写真どうしてる?」。“自然の最高の一瞬”を捉えた作品が、多くのメディアで紹介され高い評価を得ているフォトグラファー・Kyon.J氏に聞く。

大手飲料メーカーが、スマホやデジカメなどで撮影した写真データをどう保管しているか尋ねた調査によると、最も多かったのが「メモリーカードやパソコンに保存したまま」で73.3%。次いで「パソコンやオンライン上のアルバムで整理」、「自宅でプリントして整理・保管」となった。アンケートのなかではこんな意見が挙がっていた。

「スマホに入ったまま特に何もしない」
「以前、データを紛失したことがある」
「大切な写真まで消してしまうことがある」


――そこでKyon.Jさんに、写真を保管するコツをフリップに書いていただきました。お願いします。

「自然消滅」。写真を撮っている人間がこういうことを言ってもいいのかとも思うんですけども…。

自分の場合は、携帯でもカメラでもいろいろ撮っていて、けっこう使い分けています。携帯で撮っている写真はほとんどバックアップしていません。機種を変える直前に慌てて「あ、何もまだしていない」と思って、人が写っていたり思い出の写真とか、本当に大事な写真だけをバックアップします。それ以外に、適当に撮っていた料理や建物の写真は全部消しちゃって、もう何も保存していないですね。


――それは機種を変更するタイミングまで?

そのタイミングまで本体の中に写真は置いていますけども、放置している感じです。人生の中で常に新しい思い出を作りましょうという気持ちを持っていて、古い写真や2度見もしない写真はそのまま消えちゃってもいいかなと思うくらいなので、自然消滅ですね。


――景色の写真も?

いや、景色の写真は別の話になります。例えば、自分が撮影地に行って、カメラで当日に撮った写真をSSDという割と小さいストレージに全部バックアップして、家に帰って写真をとりあえず全部パソコンに読み込むんですけれども、現像する写真だけ取っておいて、それ以外は全部消します。


――それは勇気がいりますね。

勇気がいりますね。


■Kyon.J氏のプロフィル
フォトグラファー。中国出身で日本の広告代理店に勤める。仕事現場の記録がきっかけでデジタル一眼カメラを購入。3年前、大自然の美しさに魅了され、世界中の絶景を撮るようになった。“自然の最高の一瞬”を捉えた作品は、ナショナルジオグラフィックやイギリスのテレビ局・BBCなど、多くのメディアで紹介され高い評価を得ている。


【the SOCIAL opinionsより】

最終更新:2018/6/26(火) 16:04
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事