ここから本文です

タイ救出映像を初公開 米では映画化の動き

7/12(木) 5:56配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

タイ北部の洞窟にとじ込められていた少年ら13人が救出されたが、救出される際の様子や現在の病院での様子を撮影した映像が公開された。

狭い洞窟を進む、救助隊のメンバー。タイ海軍は初めて救出活動の映像を公開した。シートにまかれ筒状のタンカにのせられた少年をダイバーやレスキュー隊員が数人がかりで運ぶ様子が映っている。洞窟内は非常に狭く、勾配もあり、救出活動が困難を極めたことがうかがえる。

また、マスクをつけてベッドに横になる救出された少年たち。これはタイ当局が11日に公開したもの。少年らは洞窟から救出された後、病院に運ばれ現在、検査や治療を受けている。カメラに向け、手を合わせてお辞儀をしたりVサインをしたりする少年たち。中には立って話し込む、元気そうな様子を見せる子も。

その病室の外では、ガラス越しに家族が手を振って見守っていた。少年らの体調は良好で早ければ1週間ほどで退院できるという。

一方で、今回の救出劇についてアメリカの複数のメディアが「映画化に向けてハリウッドが動き出した」と報じた。

USA TODAYは、2人の映画プロデューサーがすでに現地入りしているとした上で、「人々は実話に興味がある。誰もが楽しんで、心動かされる映画になるだろう」というプロデューサーのコメントを伝えている。