ここから本文です

「逃げなくても大丈夫」避難拒む父に危機が

2018/7/18(水) 13:35配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

西日本豪雨の犠牲者の中には、「自分だけは大丈夫」と思い込み、避難のタイミングを逃した人もいるようだ。なかなか避難に応じない男性の様子が記録されていた。

「うちは大丈夫」と思い込み、避難を拒む59歳の父。息子が避難しようと呼びかける。

息子「父さん」

父親「おまえも手伝え」

息子「もうびしょびしょやそこも。もう逃げな。もう逃げんといけんよ」

父親「上(2階)に電気製品全部上げるんや」

息子「じゃけん昨日からやっときゃよかったんや」

父親「ちゃんと足を拭いて」

息子「俺びしょびしょにつかっちゃって、ここまで」

父親「靴下着替え」

息子「もうしょうがないって。早く逃げよう。死んだら終わるで」

父親「死ぬわけねぇから」

息子「そう言って何人死んどん今日」

父親「死にやへんて。(家が)壊れるわけねぇ。水がくるだけやけな」

必死に説得するも、息子の話に耳をかそうとしない。そして30分後、水は床上にまで到達。さらに30分後には、外の水位は胸のあたりまで来ていた。

今回の被害で犠牲になった多くが60代以上。真備町では50人が亡くなり、そのうち年齢が判明している44人中40人が60代以上だ。その多くが溺死とみられている。

父親「床上浸水はまさかと思いました。来ても床下浸水までだろうと思っていましたが、胸まで(水位が)来た時に、このままおったら死ぬかもしれんと思いました。自然の脅威にびっくりしました」


【the SOCIAL viewより】

最終更新:2018/7/19(木) 16:08
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事