ここから本文です

6日も危険な暑さ 名古屋で39℃の予想

8/6(月) 5:33配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

5日も関東から九州では気温が上がり、危険な暑さとなった。6日も熱中症に厳重な警戒が必要。

5日に全国で最も気温が上がったのは名古屋で、39.9℃と再び40℃に迫る暑さとなった。このほか、京都で39.5℃、前橋や岐阜で39.1℃を記録し、猛暑日となった地点は、今年最も多い256地点に達した。

危険な暑さは6日も続き、名古屋で39℃、甲府と岐阜で38℃、熊谷などで37℃と予想されている。引き続き、熱中症に厳重な警戒が必要。

一方、東北では、前線や低気圧の影響で、局地的に猛烈な雨が降った。山形県内では、1時間に100ミリ~120ミリの猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が出された。6日朝にかけて、土砂災害などに厳重な警戒が必要。

また、南の海上には、強い台風13号があって、北上を続けている。このあとも北寄りに進んで、8日から9日には伊豆諸島に近づき、その後は本州付近にも接近しそうだ。

東日本を中心に大荒れとなる恐れがあり、今後の動きに注意が必要。

Yahoo!ニュースからのお知らせ