ここから本文です

女性監督を解任 日大チア部“パワハラ”か

8/9(木) 18:12配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

アメフトの悪質タックル問題で揺れる日本大学で、今度はチアリーディングの女性部員が監督からパワハラを受けたとして、大学などに相談していたことが分かった。日大は監督を9日付で解任している。

日本チアリーディング協会によると今年5月、日本大学応援リーダー部の女性部員の保護者から、娘が女性監督から度々パワハラを受けたと相談があったという。女性部員は、監督から今年2月、「大雪の日に練習が無くなるよう事務員に頼んだ」と事実と異なることを全部員の前で叱責されたり、出身高校のスエットを着ていたことを「学校の恥だよ。今すぐ脱げ」と注意されたりしたと主張しているという。

これを受け、協会が監督本人に確認したところ、監督は誤解や思い込みがあったとする一方で、発言を大筋で認めたという。一方、日本大学は「学生の指導に支障を来すことが懸念される」として、9日付で監督を解任している。

Yahoo!ニュースからのお知らせ