ここから本文です

SNSで人気“爆毛赤ちゃん”会いに行く!

8/9(木) 18:59配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

髪の毛がふさふさの女の子。実は生後7か月の赤ちゃん。母親がインスタグラムで写真や動画の投稿を始めたところ、海外でも話題に。“爆毛赤ちゃん”として人気を集めている。

every.が会いに行ったのは関西に住む髪の毛がふさふさの赤ちゃん。この女の子は去年12月生まれで現在、生後7か月。赤ちゃんとは思えないほど黒々とした髪の毛があり、まさに“爆毛赤ちゃん”。

お母さん「みなさん『えっふわふわ、意外』って言ってくれます。何していてもかわいいですね。泣いていても叫んでいても何していてもかわいい」

母親がこの豊かな髪について知らされたのは、赤ちゃんがまだおなかの中にいる時だった。

お母さん「(妊娠中)4Dのエコーで先生がおなかを見せてくれるんですけど、『これ髪の毛ですよ』ワカメみたいなゆらゆらっていうのが見えて、『えーこれ髪の毛なんですか』周りに言ってたら『いや普通、髪の毛見えないからね』と言われて」

生後5日の写真からもわかるように、赤ちゃんは髪の毛がはえそろった状態で生まれてきた。

お母さん「どんな子出るんだろうねと思っていたら、すごい髪の毛の子が出てきた感じ。顔より髪の毛が先に見えて、あれって思ってしまって黒い塊が出てきたみたいな。(病院の)先生は髪の毛多くていいねとなでている感じでした」

母親は、今年5月からSNSのインスタグラムに娘の写真や動画の投稿を始めた。すると“爆毛赤ちゃん”として海外でも人気が沸騰。インスタグラムのフォロワーは今や24万人を超えている。

生後5か月の写真では、髪の毛はどんどん伸びて頭よりも大きく広がっている。この写真には海外からも「こんな赤ちゃんの髪の毛見たことある?とてもかわいい」とコメントが。

母親が一番気に入っている写真を見せてもらった。

お母さん「断然これなんです。初めて電車で移動した時にさっと置いてみて」

はじめて電車に乗った時の写真。赤ちゃんが椅子にちょこんと座り愛くるしい目で見つめる写真には「かわいすぎる」「この赤ちゃんの髪の毛、すごくうらやましい」との反響。海外メディアもこぞって取り上げている。

米・FOXニュース「日本の“爆毛ベイビー”SNSで話題沸騰」

台湾テレビ「髪の毛が超多い!日本の7か月の“爆毛赤ちゃん”が超人気」

海外でも話題の“爆毛赤ちゃん”。子育てで気をつけていることはあるのだろうか。

お母さん「ぱっと見たら汗がこの辺にギシッといてるんで、そこから携帯扇風機とか扇子とかいろいろ駆使して」

注意しているのは、「汗」。髪が多いと、この猛暑で汗をかきやすいため、携帯の扇風機などで風を当てているという。さらに美容院では、髪の長さは変えずに髪をすいてボリュームを抑え、汗への対策をとっていた。これまでの7か月で3回散髪をしたという。

では、なぜ赤ちゃんにこれほど豊かな髪があるのだろうか。専門家によると4歳から5歳くらいまでの髪の生え方には個人差が大きいという。

日本臨床毛髪学会理事、心斎橋いぬい皮フ科・乾重樹院長「髪の毛の組織が(母親の)おなかの中にいる間にできて、(この赤ちゃんは)毛をつくり出すのが早かったんでしょうね。見たことないくらい髪の毛の量は多いですね。困った症状が他に出ないのであれば、楽しんでいるのならいいと思います」

そして9日、インスタグラムには“髪の毛が爆発した”ような写真が投稿されたが、「いいね!」が2万以上ついている。愛らしい姿で人気の“爆毛赤ちゃん”。SNSなどを通じて、ますます世界の人々のハートをつかみそうだ。