ここから本文です

淡路島で風車倒壊 近畿地方で激しい風と雨

2018/8/24(金) 10:24配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

台風20号が通過した近畿地方は、激しい風と雨に見舞われた。兵庫県の淡路島では、風車が倒壊している。

兵庫県淡路島の北部にある北淡震災記念公園では、23日から24日朝にかけて、高さ約37メートルの風力発電用の風車が根元から倒れた。近くの建物の屋根も吹き飛んでいて、台風20号の暴風によるとみられる。

淡路島の洲本市では、23日午後11時ごろに最大瞬間風速38.5メートルを記録。和歌山市友ヶ島ではことし全国で最も強い、風速52.3メートルを計測していて、各地で風による被害が出ている。

また、神戸空港では1時間に139.5ミリの猛烈な雨を観測。神戸市内では、10万人に避難指示が出たが、現在はほぼ解除されている。

和歌山県内では、1時間に120ミリの大雨が降った地域もあり、新宮市では熊野川が氾濫した。引き続き土砂災害などに警戒が必要。

最終更新:2018/8/24(金) 11:06
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事