ここから本文です

総裁選 石破氏が政策発表…“批判”弱める

2018/8/27(月) 16:53配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

9月の自民党総裁選挙をめぐり、安倍首相は26日、正式に立候補を表明した。また、すでに立候補を表明している石破元幹事長も27日に会見し、総裁選に向けた自らの政策を発表した。

■石破氏、“首相批判”抑え「政策」発表

立候補を表明して以降、石破氏の会見は今月これで4回目だが、27日は、安倍首相への目立った批判を抑えるなど今までと雰囲気が違っていた。

石破元幹事長「(経済については)石破ビジョンというものを打ち出し、これを実行致します。中小企業、地方経済、その潜在力を可能な限り伸ばしていく」

会見で石破氏は、「地方創生推進機構」という新たな組織を設置し政府を挙げて地方創生に取り組む決意を示したほか、平壌に連絡事務所を置いて北朝鮮との交渉にあたる構想を示すなど、安倍首相がこだわる分野でも論戦を挑む姿勢を見せた。

これまで安倍首相の政治姿勢などを批判してきた石破氏だが、石破陣営からも「これからは批判よりも政策を訴えた方がいい」などと路線転換を促す声が出ていた。

石破陣営は今後、石破氏単独でも街頭演説をやり、自民党員だけでなく、一般国民の世論にも訴えていく戦略。

■石破氏は安倍首相優位の情勢を覆すことができるのか?

そこはやはり苦戦が予想されていて、安倍陣営の議員も「記者会見を繰り返しても支持は広がらない。戦略ミスだ」と切り捨てている。

安倍首相は26日、ようやく正式に立候補を表明したが、石破氏との論戦にすぐに応じる気配はなく、安倍陣営の幹部は「必要最低限でいい」と話している。

むしろ、安倍首相自身が全国を回って、石破氏がより所にしてきた地方票の切り崩しに全力を挙げる方針。

最終更新:2018/8/27(月) 17:46
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事