ここから本文です

もんじゅ廃炉へ 燃料の取り出し作業始まる

2018/8/30(木) 12:16配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

福井県敦賀市の高速増殖炉もんじゅで、廃炉作業の最初のステップとなる燃料の取り出し作業がスタートした。

もんじゅでは30日午前10時半から、冷却材の液体ナトリウムで満たされたプールから、燃料を取り出す作業が始まった。燃料の取り出しは本格的な廃炉作業の最初のステップで、原子炉と燃料プールの燃料あわせて530体を2022年度までに取り出す計画。

もんじゅはほとんど運転していなかったことから、燃料棒移送の経験が少なく、これまでに模擬燃料を使った訓練が行われてきたものの、トラブルも相次いで当初の予定から1か月遅れのスタートとなった。

なお、もんじゅの廃炉は2047年度までに完了する計画。

最終更新:2018/8/30(木) 14:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事