ここから本文です

2014年に“がん”診断 約86万7千例

9/15(土) 1:49配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

国立がん研究センターは、2014年の1年間にがんと診断された数が約86万7000例で、前の年よりも約1万8600例増加したと発表した。

男性が約50万例、女性が約36万例で、男性は、胃がんが一番多く、肺、大腸、前立腺がんと続き、女性は、乳がん、大腸、胃、肺、子宮がんの順だった。

一生のうちにがんになる確率は、男性は100人のうち62人、女性は47人だった。
あなたにおすすめの記事