ここから本文です

柴山文科相“教育勅語活用”野党側から批判

10/4(木) 0:08配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

柴山文科相が2日の就任会見で、戦前の教育で使われた教育勅語について、「今の道徳などに使える分野は十分にある」などと述べたことに対し、野党側から批判の声があがっている。

柴山文科相は2日夜、戦前の教育で使われた教育勅語について次のように述べた。

柴山文科相「(教育勅語を)アレンジをした形で、今の例えば道徳等に使うことができる分野は、私は十分にあるという意味では、普遍性を持っている部分が見て取れる」

この発言を受けて菅官房長官は「積極的に教育勅語を教育の現場に活用しようという考えはない」と述べたが、野党側は反発を強めている。

立憲民主党・辻元国対委員長「認識違いが甚だしいと思いますよ。もうその一言で昔だったらすぐクビですね」

国民民主党・玉木代表「様々な歴史的な負の遺産として認識されているところがあることも事実ですから、軽率なとこがあったのではないかなと」

野党側は今月下旬に召集される臨時国会で発言の真意などを追及していく方針。