ここから本文です

お寺で跳びはねる町民 スラックラインの町

10/25(木) 15:25配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

細いベルトの上で跳びはねるなどして、華麗な技を決める「スラックライン」という競技がある。徐々に人気が高まっていて、日本のある町では大ブームとなっている。

幅5センチのベルトの上で技を競うスラックライン。アクロバチックな動きのこのスポーツ、至る所で町民が跳びはねる、スラックラインの町がある。長野県・小布施町では子どもも、おじいちゃんもスラックライン。美容室の敷地内や中学校の職員室の前でも、スラックライン。

さらに去年、この町から世界チャンピオンも誕生した。チャンピオンは子供たちのヒーローだ。

しかし、なぜスラックラインが町に広まったのだろうか?そのきかっけはお寺だ。副住職が運動不足解消のため、境内にスラックラインを設置した。すると子どもたちが続々と遊びに来るようになり、健康志向の高まりとともに町でブームが拡大した。

今では町おこしにもつながり、全国大会や世界大会を積極的に誘致するまでになった。町では若い世代の移住者が増えることにも期待しているという。

【the SOCIAL viewより】
あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ