ここから本文です

来月通常運転再開へ 伊方原発3号機再稼働

2018/10/27(土) 17:41配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

広島高裁の仮処分決定により運転を停止していた伊方原発3号機は、27日未明に原子炉を起動し、約1年1か月ぶりに再稼働した。

伊方原発3号機は、27日午前0時半に中央制御室で核分裂反応を抑える制御棒を引き抜く操作が行われ、原子炉が起動した。

伊方原発3号機は、去年10月に定期検査に入り、その後、12月に広島高裁が出した運転差し止めの仮処分決定を受け、運転できない状態が続いていた。

しかし、広島高裁が先月25日に運転を認める決定を出したことから、四国電力は運転再開に向けた作業を進めていて、27日、約1年1か月ぶりに再稼働した。

四国電力によると、3号機は30日に一般家庭への送電を始め、来月28日に通常運転を再開する計画。なお、これまでのところ3号機でトラブルなどはないという。

最終更新:2018/10/27(土) 18:29
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事