ここから本文です

百貨店に女性向けアダルトグッズ…狙いは?

2018/12/3(月) 14:33配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

婦人服フロアの一角にあるのれんをくぐると、中には女性用アダルトグッズがありました。

口紅の形をしたバイブレーションや、インテリアにも映えそうな丸洗い可能な充電式のアダルトグッズ、さらにはデリケートゾーン専用のシャンプーまで、女性目線で作られたアダルトグッズブランドの商品、全9つがラインアップされています。

実物を見たいとやってきた女性は、15分近く店員と話し込んでいました。交際3か月のパートナーとの間でとある悩みが――

「オープンなことを話せる人はいないです。家族にはまったく話せないですね」「スキンシップであったり、お互い楽しめるように私自身も努力したい。何もしないままだとワンパターン化してしまう」

さらにはこんな客も――

「友達にプレゼントあげようと思って。その子くらいしかこういう話できる人いないんです」「正直、百貨店だから入りやすいって思いましたね」

自分も気に入っているアダルトグッズを友達の誕生日プレゼント用に購入しました。

企画したのは、婦人フロアを担当して3年半の澤井裕之さん(31)。社内の抵抗もありましたが、女性の悩みに寄り添いたいとの熱意で企画の実現にいたりました。

澤井さん「婦人服だけ売ってていいのかなっていうモヤモヤや疑問があって、女性のお客様のためのフロアであれば服以外も売っていくべき」「性の話題って、悩んでるけど人に言えないのが日本社会の普通になってて、僕たち百貨店でやる意義があるかなと」

コーナーは12月25日まで大丸梅田店の店舗限定でオープンしています。


【the SOCIAL trendより】

最終更新:2018/12/3(月) 17:51
日本テレビ系(NNN)

あなたにおすすめの記事