ここから本文です

黒田バズーカは成功?専門家の意見分かれる

12/7(金) 5:30配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

アベノミクスを支えるため物価上昇率2%を目標に大規模な緩和政策を行ってきた日銀・黒田総裁主導の金融政策。この“黒田バズーカ”と呼ばれる政策が成功したかどうか、6日夜の「深層NEWS」に出演した経済の専門家2人の意見は大きく分かれた。

富士通総研エグゼクティブ・フェロー 早川英男氏「おそらく(物価上昇率)2%(達成)よりも先に、次の景気後退が来る。次の景気後退が終わって、もう一つ新しい景気拡大局面で(2%達成が)いけるかどうかという話であって、とりあえず今回はもう(政策の)敗北で決まり」

明治大学・飯田泰之准教授「どこが敗北なのか理解できない。物価自体はマイナス域をずっと繰り返していたところからプラスに移っている。さらに失業率・企業収益等、経済関係の指標も良い」

“黒田バズーカ”への評価は分かれた2人だったが、安倍首相の任期が終わる3年後までの物価上昇率2%達成は難しいという点では一致した。
あなたにおすすめの記事