ここから本文です

日本「労働生産性」G7最下位、米の2/3

2018/12/19(水) 19:22配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

日本の労働生産性が、先進7か国で最下位、アメリカの3分の2であることがわかった。

日本生産性本部の調査によると、日本の労働者が1時間あたりに生み出す成果(=労働生産性)が4733円で、アメリカの3分の2にとどまることがわかった。

生産性の向上は、賃上げや、企業の国際競争力強化につながるとして、日本はAIやITなどを活用した省力化や自動化を進めることが必要だとしている。

最終更新:2018/12/19(水) 20:05
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事