ここから本文です

“空母”運用 さらに必要になる可能性も…

2018/12/21(金) 5:27配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

18日に閣議決定された防衛大綱に盛り込まれた、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦2艦を改修して、ステルス戦闘機F-35Bを運用できる、事実上の「空母」とする方針。

20日夜の深層NEWSに出演した森本元防衛相は、今後、さらに必要になる可能性があると指摘した。

森本敏元防衛相「これからの太平洋における脅威の対応の変化に応じて、変わってくると思う。2個(隊)のF-35Bを柔軟に広域の太平洋で運用するためには(“空母”が)1艦とか2艦では足らないかも」

森本元防衛相は、日本を取り巻く安全保障環境の変化次第では、次の次の「中期防衛力整備計画」を策定する際に、事実上の「空母」をさらに建造するとなるかもしれないとの見方を示した。

最終更新:2018/12/21(金) 6:25
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事