ここから本文です

カラカラ天気から初雪に!?どうなる3連休

1/11(金) 18:53配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

11日は北海道などでまとまった雪が降ったが、東京では雨が降らず、カラカラの状態が続いている。このまま降らなければ11日で19日連続。初雪が降るのでは?と予想されていた3連休はどうなるのか。

    ◇

【北海道】
朝焼けに神々しさすら感じる太陽から地表にまでのびた一筋の光。そこには思わず息をのむほどの絶景が。空気中の水蒸気が凍ることでキラキラと輝くように見える「ダイヤモンドダスト」に、太陽の光が屈折することで起きる「サンピラー」という現象。

氷点下20度前後に冷え込んだ風のない早朝に限り見られるが、北海道名寄市では11日朝、まさに最低気温氷点下18.6度を観測。

真冬の冷え込みが続く北海道だが、札幌市では大雪のため通勤時間帯に国道で渋滞が発生。高速道路などの一部区間では通行止めとなった。10日夜から11日朝までに20センチ以上の雪が降り積もった札幌市では、この冬初めて積雪が50センチを超えている。

【東京都心】
東京都心でも2日連続で氷点下となり真冬の冷え込みに。北風が吹きすさぶ中での通勤となったが、日中は日差しにも恵まれ気温がグングン上昇。3月上旬並みの暖かさとなり、氷点下を記録した明け方との寒暖の差は12度以上になった。

この寒暖差にビックリしていたが、さらに心配していたことが。東京は去年のクリスマスイブ以降、11日までの19日連続で雨が降っておらず。2005年以来の記録となっている。

この“カラッカラ天気”、東京・麻布十番にあるひものかっぽう店では、乾いた北風が干物作りにとっては好都合だと喜んでいた。

    ◇

一方、12日からの3連休に“ある心配”をするところも―。東京の「よみうりランド」では成人を祝うためのイベント「成人式バンジー」が予定されている。

よみうりランド広報課・奥谷祐主任「雪だとイベントが中止になってしまうので、ちょっと心配しています」

成人の日を含む3連休と重なる雪の心配をしている。

今回、関東に雪をもたらすのは“南岸低気圧”だが、その雪は水分を多く含み重たい雪となる傾向に。もし雪が降り積もれば路面がベチャベチャとなるため、晴れ着での移動や交通への影響が心配される。

そして、最新の雨と雪の予想では12日夕方以降、太平洋の沿岸では雨が降り始め、静岡県や山梨県の広い範囲で雪となる見込みに。夜遅くには東京の八王子などでも雪となり、都心でも弱い雨かみぞれが降る予想だが、今のところ大きな影響は出ないとみられている。

しかし、この南岸低気圧の動きを予想するのは難しく、少しずれただけでも雪の範囲が大幅に変わる可能性も。最新の情報に引き続き注意が必要。
あなたにおすすめの記事