ここから本文です

あす東京23区も雪?注意点は…木原予報士

2/8(金) 19:48配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

9日から3連休がスタートする。関東地方には、大雪に関する情報が出ている。木原実気象予報士が解説。

◆9日は都心でも大雪のおそれ

北海道に最強の寒波が入っていて、その影響で関東地方の上空に強い寒気が流れ込んできて、南岸低気圧が発生するようだ。

9日の雨と雪の予想。降り出しは、7日の予想よりも遅く、午前6時の時点では関東で雨や雪は降らないもよう。午前10時になると、東京都心・横浜・千葉などで雪の予想。さらにその後、雪の範囲は北部に広がり、午後3時ごろがピークに。東京・千葉は雪、北部の宇都宮や水戸、熊谷のあたりも雪になる予想。横浜はみぞれになる可能性も。

その後も雪が続く見通しで、一度弱まった後、山沿いに雪が広がり、午後9時になっても宇都宮や水戸などでは雪が残るもよう。南部と熊谷、前橋などは雪がやむ予想。この後、雪は減っていくが、10日午前0時になっても水戸などではまだ雪の予想と、長く降る所もありそうだ。

9日夕方までの予想降雪量は多い所で、関東の平野部・山沿いで8~10センチ、東京23区で5センチとなっている。大雪による交通障害に警戒が必要。

◆雪の中で出かける時の注意点は

出かける人も多いだろうが、とにかく東京は雪に弱い。

<歩く時の注意点>
走ると危険!気持ちに余裕を持つためにも、早めの出発を。また、靴は底に溝のあるものを選ぶとよい。また、革靴やヒールなどは底がすべりやすいものが多いので、避けた方がよい。

また、足の裏全体をつけて、狭い歩幅でゆっくり落ち着いて歩くこと。両手を空けておくと、転んだ時に手をつきやすい。手袋も必要。荷物がある場合は、なるべくリュックサックの利用を。階段などは危ないので、手すりを使ってゆっくり歩くように。

<車で出かける時の注意点>
ブレーキを踏んでから止まるまで長くかかるので、車間距離を長く保って。特に橋や高架の上などは下からも冷えて凍結しやすいので、スピードを控えめに。冬用タイヤに交換したり、チェーンを装着したりするなど、十分な雪の対策が必要。

◆来週も寒さが続く?

北海道の最強寒波はピークが過ぎるが、まだ寒気は長く居座る見込み。

週間の予報を見ると、札幌や秋田は来週も雪が続くもよう。札幌は一日中氷点下となる真冬日が続きそうだ。

東京も、9日は雨か雪だが、週明けの11日もまた雪か雨の予想。その後に晴れても、真冬並みの寒さが続く見込み。そして1週間後の15日もまた雨か雪の予想となっている。

日本海側でも雨や雪が続く見通しで、寒気が残るもよう。最新の気象情報のチェックを!

最終更新:2/8(金) 20:26
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事