ここから本文です

タイ当局、拘束のバーレーン出身男性を解放

2/12(火) 1:22配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

タイで、バーレーン政府からの身柄引き渡しの要請に応じて拘束されていた、バーレーン出身のサッカー選手の男性について、タイ当局は、11日、身柄引き渡しの要請が取り下げられたとして、男性を解放した。

サッカー選手のハキム・アライビさんは、母国のバーレーンで迫害を受けたと訴え、オーストラリアに逃れて、2017年、難民として認定された。

しかし、バーレーン政府がアライビさんを国際手配したため、去年11月から旅行先のタイで拘束されていた。

タイの検察当局によると、バーレーンから身柄引き渡しの要請が取り下げられたため、11日、アライビさんの解放を決定したという。

バーレーンが要請を取り下げた理由は分かっていないが、アライビさんの拘束をめぐっては、難民認定したオーストラリア政府やFIFA(=国際サッカー連盟)などから抗議の声があがっていた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事