ここから本文です

スピードスケート高木美帆選手が世界新記録

3/11(月) 12:53配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

ウインタースポーツで、スピードスケートの高木美帆選手とスキージャンプの小林陵侑選手が次々と快挙を達成した。

スピードスケートのワールドカップで、高木美帆選手が世界新記録をマークした。女子1500メートルに出場した高木選手は、従来の記録を1秒以上も更新する1分49秒83の世界新記録をマークし、ワールドカップ最終戦を勝利で飾った。

また、スキージャンプでは小林陵侑選手が日本男子では初となるワールドカップ個人総合優勝を果たした。今シーズン11勝をあげ、総合ランキングトップを独走していた小林選手はノルウェーのオスロで行われた第23戦で5位に入賞。

総合ランキング2位のストッフ選手が13位にとどまり、残り5戦で逆転される可能性がなくなったため、日本男子では初の総合優勝が決まった。

最終更新:3/11(月) 13:10
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事