ここから本文です

誓約書書かせ…真冬に娘を縛り水風呂に 男と母親を再逮捕

3/14(木) 19:52配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

8歳の女の子を水風呂につけるなどしたとして母親と同居する男が逮捕された事件。警察は14日、殺人未遂の疑いがあるとして2人を再逮捕した。

再逮捕されたのは福岡県筑紫野市の八尋潤容疑者と、内縁関係の29歳の女。2人は去年12月29日の午前6時半頃、自宅で女の長女で8歳の女の子を裸のまま両手、両足を縛って水風呂に沈め放置した疑いがもたれている。その後、女の子が意識を失ったことに八尋容疑者が気がつき、水風呂から出したという。

真冬に身動きできない状態で水風呂に入れていて、警察は2人に女の子が死ぬかもしれないという「未必の故意」があったとして殺人未遂容疑で逮捕した。

また、警察は虐待の様子を撮影したスマートフォンの動画を押収している。

近所の住民は、去年の暮れ頃、3人で仲よくしているのを見かけてた一方、女の子の泣き声を聞いていた。

近所の人「(Q:女の子の泣き声を聞いたことは)結構あります。夜に泣いていたり」

2人は女の子に、「ウソはつかない」「言われたことは一度で聞く」など10項目の誓約書を書かせ、守れなかった場合は複数回、水風呂に入れたと供述している。

容疑を認めている2人。八尋容疑者は水風呂に入れたことについて、「体にアザを残したくなかった」と話しているという。警察は、2人が日常的に女の子を虐待していたとみて調べている。

最終更新:3/14(木) 20:40
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事