ここから本文です

旧民主相次ぎ自民へ 若手ら党執行部に疑問

3/22(金) 15:39配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

自民党に旧民主党の議員が入党するなどの動きが相次いでいることを受け、自民党の若手議員らが22日、公然と党執行部の判断に疑問を呈した。

自民党では、二階幹事長が主導する形で、民主党政権で環境相を務めた細野豪志衆議院議員が二階派に迎え入れられたほか、その後も旧民主党で無所属だった鷲尾英一郎衆議院議員の入党が認められている。

こうした動きを受け、22日、自民党の若手議員らが会合を開き、党執行部の判断に疑問を呈した。

自民党・佐々木青年局長「(自民党支持者らは)『なんだ、苦しいときに自民党を批判していた人たちが、今更になって自民党に入ってくるんだ。おかしいんじゃないか』と。これは納得がいかないのではないかと思います」

さらに、佐々木紀青年局長は「プロセスを明確にし、しっかりとした説明責任を果たす必要がある」と述べ、今後、地方議員らの声も集約した上で党執行部に申し入れを行う考えを示した。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事