ここから本文です

秘蔵写真が語る家族の絆 両陛下結婚60年

4/16(火) 13:36配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

初公開秘蔵写真が語る天皇ご一家の絆――1959年4月10日、世紀のご成婚パレード。天皇陛下25歳、皇后さま24歳、約53万人が駆け付け祝福しました。翌年には皇太子さまが誕生。両陛下は自分たちの手元で子育てを始められます。

初公開となる写真は神奈川県藤沢市に眠っていました。皇太子さまがイルカの曲芸をご覧になる様子。美智子さまが皇太子さまに優しく話しかけられています。表情豊かな美智子さまの写真。イルカにえさのイカを与えている時の様子です。

皇太子さま2歳のころ。ベンチでくつろがれる美智子さまとホットドッグを手にした皇太子さま。撮影したのは、5年前に亡くなった永井崇男さん。電気技師として江の島水族館で働いていました。

当時の皇太子ご一家は、しばしば、お忍びで水族館を訪問されており、特別に撮影を許されたといいます。

崇男さんの妻・麗子さん「あまりお付きの人がついていないと(夫は)言っていました。すごくリラックスして、大きな声で笑ったり、楽しんでいらっしゃって」

去年12月、天皇として最後の記者会見。声を詰まらせながら語られた“夫婦の絆”。

「結婚以来皇后は、常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてきてくれました」

60年間、苦しいときも楽しいときも手を取り合い、共に歩まれてきた両陛下。来月、上皇、上皇后としてご夫婦の新たな旅を始められます。


【the SOCIAL viewより】

最終更新:4/16(火) 15:25
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事