ここから本文です

萩生田氏が消費増税“延期”言及 波紋も

4/18(木) 18:19配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

自民党の萩生田幹事長代行は10月の消費税率引き上げについて日本銀行が7月に発表する企業の景気認識調査の結果次第では延期もあり得るとの認識を示した。

これはインターネットの番組で発言したもので、萩生田氏は「この先、危ないということが見えてきたら崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。また違う展開がある」と述べた。

その上で、消費税率の引き上げを延期する場合は「国民に信を問うことになる」と指摘した。

しかし、夏の参議院選挙にあわせた衆参同日選挙についてはG20サミットなどを理由に「日程的に難しい」と語った。

菅官房長官は会見で「リーマンショック級の出来事が起こらない限り、予定通りに引き上げる」と強調したが、野党側は反発している。

立憲民主党・福山幹事長「いよいよアベノミクスの破綻が見えてきて、与党も慌てだしたということだと考えます」

萩生田氏は安倍首相に近いことで知られており、首相の意向を受けた発言ではないかと波紋が広がっているが、自民党内では統一地方選挙や衆議院補欠選挙を前に増税反対派への配慮をアピールした発言との見方も出ている。

最終更新:4/18(木) 18:45
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ