ここから本文です

建築費500万!「タイニーハウス」の魅力

4/22(月) 14:25配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

戸建ての建築費が約500万円。タイニーハウスで暮らす、新しい家族のカタチとは?

“ちっぽけな”を意味するタイニー。おおむね20平方メートル以下の住宅を指します。

タイニーハウスを設計する和田さん「(8畳一間)その中に住まいとして、必要なものすべてが入っていると」

棚も階段として活用。上るとベッドルームが出現します。

和田さん「小さいってことはお金がかからない、そうすると住宅ローンとかそういうのに縛られない生活ができる」

ローンに縛られずに働く時間を減らし、家族との時間を増やせるという考え。スペースも限られるため、少ないモノで暮らすシンプルなライフスタイルです。この建物の建築費は約800万円。真ん中にあるリビングを囲むように風呂、キッチン、トイレ、寝室と8方向に異なる設備が配置されています。

完成したばかりの別のタイニーハウスに引っ越してきた酒井さん一家。木材にお金をかけ、建築費は約1200万円。タイニーハウスでの暮らしは――

酒井厚志さん「士郎(子ども)は本当にはしゃいでます、階段とかもめちゃくちゃ上るし」

酒井江美さん「前住んでいたとこより家にいる時間が長い、主人も含めて。家にいてくれる時間が長くなった」

住まいを小さくし、必要最低限の物で暮らすカタチ。小さいからこそ、家族の距離も縮まります。


【the SOCIAL viewより】

最終更新:4/22(月) 15:05
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事