ここから本文です

6歳未満の女児が脳死判定 臓器提供へ

4/26(金) 22:35配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

京都府内の病院で、6歳未満の女の子が脳死と判定され、心臓などが提供されることになった。

日本臓器移植ネットワークによると、脳死と判定されたのは、京都府内の病院に入院していた6歳未満の女の子。

摘出手術は27日午後に予定されていて、心臓は大阪大学医学部付属病院の10歳未満の男の子に移植され、肝臓は10歳未満の女の子、腎臓は10代の女性に移植される予定。

国内で6歳未満の子どもからの臓器提供は13例目。

最終更新:5/4(土) 1:05
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事