ここから本文です

消費増税「賛成」1月調査より6ポイント増

4/28(日) 22:20配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

NNNと読売新聞が週末に行った世論調査で、消費税率を今年10月に引き上げることについて、賛成する人が今年1月の調査よりも6ポイント増え、賛成と反対がきっ抗する結果となった。

世論調査では、今年10月に消費税率を10%に引き上げることについて、「賛成」と答えた人が45%で、今年1月の39%より6ポイント上昇した。

これに対して、「反対」は前回から4ポイント下がり、賛成・反対がきっ抗するようになった。

消費税率の引き上げを延期する場合に、衆議院を解散して国民に信を問う必要があるか尋ねたところ、「必要がある」「必要はない」はそれぞれ45%で並んだ。

また、夏の参議院選挙と同じ日に衆議院選挙を行うことについても、賛否にほぼ差はなかった。

一方、来月から始まる令和の時代の日本がどのような方向に進むかについては、58%が「良い方向」に進むと答えた。

なお、安倍内閣の支持率は54%でほぼ横ばいだった。


<NNN・読売新聞世論調査>
4/26~28 全国有権者に電話調査
 固定電話 536人(回答率58%)
 携帯電話 517人(回答率43%)
  合計 1053人が回答
http://www.ntv.co.jp/yoron/

最終更新:4/28(日) 23:05
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事