ここから本文です

WTO紛争処理の見直し G20で議論へ

4/29(月) 4:55配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

カナダを訪問した安倍首相は、WTO(=世界貿易機関)の紛争処理のあり方を見直す必要があるとして、6月のG20大阪サミットで議論する方針を表明した。

安倍首相「WTO協定が締結された趣旨にのっとって、紛争解決が機能するよう解決していくことが不可欠であります。我が国はG20議長国としてWTO改革の進展に貢献していく」

WTOの紛争処理をめぐっては、韓国が福島県などの水産物の輸入を禁止している問題で、これを不当とした第一審の判断を最終審にあたる上級委員会が破棄し、事実上容認する判断を下している。

これについて安倍首相は、「WTO加盟国からも判断の妥当性を問題視する声があがっている」と指摘した。

日本政府によると、WTOの会合でアメリカは日本の立場の支持を表明し、先の日米首脳会談で安倍首相がトランプ大統領に感謝の意を伝えたという。

最終更新:4/29(月) 4:55
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事