ここから本文です

旧宮家、女性天皇…安定的な皇位継承には?

5/15(水) 5:08配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

男性皇族の数が減ってきたことに伴い、今後、どうやって安定的な皇位の継承を図るか。14日夜の深層NEWSに出演した皇室問題の専門家からは、旧宮家の皇族復帰や女性天皇の容認などの案が示された。

国士舘大学・百地章特任教授「若い男子が今後続く可能性がある(旧)宮家の中から、さらにふさわしい方をお選びして皇籍を獲得していただこうというのが私どもの考えている案」「(旧宮家の)若い方の中には、皇室の伝統を考えたときに、男系を守る大切さは自覚しておられる方が出てきていると聞いているし、そういう方がいらっしゃることは間違いない」

京都産業大学・所功名誉教授「現実的に、愛子さまが天皇になられることを可能にするぐらいの幅を持って、男系男子を優先して悠仁さまが天皇になられることが前提ですが、将来どうなるかわからないとするならば、可能性を女子にも広げていくという意味で、愛子内親王のご即位も含めて将来を考えないといけない」

また、2人の専門家は、いま17歳の愛子さまが成人する3年後ごろまでには、政府が方向性を定めて法整備を進めるべきと訴えた。

最終更新:5/15(水) 6:44
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事