ここから本文です

箱根山 噴火警戒レベル2に…観光に影響

5/19(日) 19:17配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

神奈川県の箱根山では、火山活動が高まっていて、気象庁は19日、噴火警戒レベルを「2」に引き上げた。今後しばらく大涌谷の観光はできない見通し。

気象庁によると、箱根山では18日から火山性の地震が増えていて、気象庁は19日未明、噴火警戒レベルを「1」から「2」へ引き上げた。19日も午後4時までに、55回の地震が起き、体に感じる揺れも観測されたという。これを受け、19日朝から「箱根ロープウェイ」が全線で運休したほか、観光客の大涌谷への立ち入りも禁止された。

千葉から観光に来た人「黒たまご食べに来てみたんですけど、だめでしたね」「時間がたって解除されたら」「残念ではありますけど、また(来たい)」

一方、気象庁の担当者や研究者らが記者会見し、「今のところ、2015年に噴火が起きた当時より火山活動は低調」だと説明した上で、少なくとも1か月は、警戒レベル「2」を維持し、注意深く監視を続ける方針を示した。

最終更新:5/19(日) 19:44
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事